business

【心を楽に成長】営業という仕事と向き合うために

投稿日:2019-08-04 更新日:

営業という仕事を想像したとき、
「辛そう」「苦しそう」「大変そう」
というようなイメージが出てくる方が多いかと思います。

もちろん仕事なので辛い部分もあります。
ただ、考え方ひとつ変えると営業という素敵な仕事を通じて、
自分を大きく成長させていくことができます。

営業という仕事と向き合い、
自分の成長へと導いていくために、
自分が学んできたことを綴っていこうと思います。

営業のコツについて書いた記事もありますので是非ご覧ください。



スポンサーリンク


 

営業をやっていく中での心の持ち方

営業は、人と会うことや人と話す機会がとても多い仕事になります。
目的を持って話していきますので、普段の生活ではなかなか無い「断られる」ことが多くなります。
人として「断られる」ことが好きな人はいないと思います。おそらく。

そんな中でも、そこに向き合っていくのが営業です。
ただ、すぐに「断られる」ことへ向き合える自分にするのは大変です。
なので、「営業マン」を演技することで、素の自分を守り心を楽に保つことができます。

 

断られることへの恐怖に勝つために

営業という仕事をしていく中で「断られる」ことを無くすことはできません。

ここは、断られることへの覚悟が必要です。
人は何か決断を迫られると、まずは「断る」性質があります。
ここを理解したうえで、自分の中に落とし込むしかありません。

ただ、断られ続けてるとやってる意味や目的が分からなくなってしまいます。
心も苦しくなってきてしまうと思います。

そのために、営業を行っていくときには、自分で「営業マン」を演技しているイメージで。
俯瞰的に営業を行うことで、心を楽に仕事に向き合うことができます。

 

理想の自分を作り上げる

仕事をしているときは「スーパースター」。
「営業マン」として演じていくのは、仕事ができる自分の理想のイメージです。

ヒンズー教の言葉にあるのですが

「心」が変われば「態度」が変わる
「態度」が変われば「行動」が変わる
「行動」が変われば「習慣」が変わる
「習慣」が変われば「人格」が変わる
「人格」が変われば「運命」が変わる
「運命」が変われば「人生」が変わる

まずは「心」から、理想の自分をイメージして演じていくことが大切です。

 

イメージできない時は身近な人を

ただ、理想の自分をイメージをするのが難しい時もあると思います。
営業をやり始めた時。
初めての業界に足を踏み入れた時。
などなど

そういった場合には、身近にいる方で尊敬できる方をイメージしてみてください。
会社の先輩、上司、社長、そして友人などはもちろん。
イメージができるのであれば、ドラマや漫画などの登場人物でもよいと思います。

 

仕事の時は営業マンモードへ

まずは自分の心を、「演じていく営業マン」の心にすることが大切です。
そして、その「営業マンの心」へ切り替えるための方法を自分作ることが大切になってきます。

きっかけは何でもよいと思います。

スーツを着用したら。
髪の毛を整えたら。
革靴に足を通したら。

切り替えたら仕事を終えるまでは、その理想の営業マンを貫き通すことが大切です。
社内での話し方、歩き方、そして考え方。
理想の自分をしっかりと演じてください。
 

意識するのは「契約」ではなく「何ができるか」

結果として必要なのは、もちろん数字であり契約数です。
そこに向かうにあたって「契約」だけを意識していても焦るばかりでなかなか思うようにいきません。
 

求められるのは商品ではなく自分

まずは自分が商品であることを理解することが大切です。

相手が目の前にいること。
直接お客様と接点を持つことができるのが営業です。

相手が契約をするときには、契約することが大切なのではなく、
自分から契約をすることに大きな意味が生まれます。

いきなり商品の説明だけされても相手には何の意味もなくなってしまいます。
情報はどこからでも得ることができるので。

なので、自分がそこに営業としていることの意味を考えたときに、
やるべきことは相手にとって役に立つことになります。

相手にとっての特別な存在になること。
自分の魅力をしっかりつたえること。
自分から契約をすることの意味を作ること。

目の前の方の役に立てるのであればなんでもいいんです。

悩みを聞いてあげる。
話し相手になってあげる。
笑わせてあげる。
自分の持ってる知識を伝えてあげる。

自分にできることを精一杯やることが大切です。
 

自分を磨くことで得られる大切なもの

お客様にとって何よりも重要な部分が信頼できるかどうかです。
大切なことは目の前にいるお客様の問題を解決することです。

自身が成長していくことによって、解決することができるものが増えます。
より多くの方の心をつかんで、自身の魅力を伝えていくことができうるようになります。

どんな方とでも雑談ができる広い知識
業界のことを詳しく話すことができる深い知識
自分が積み上げてきた経験から培った知識

自分を磨き成長していくことで自分の武器はどんどん増えていきます。
素敵な人間になることで、営業としても成長することができます。
 

大切な仲間を持つことの重要性

時間は有限です。
どんなにやっても自分では解決することができない問題に出会うこともあります。

だからこそ、大切な仲間を持つことが大切になります。

人脈を使ってどんな物事でも解決できるように。
自分だけではできない時に助けを求められる人がいるように。

信頼を得ていくためにとても大切な事の一つです。

何もかも全てがが完璧にできる人はいません。
まずは自分にできることから。
何よりも「役に立つ」ことを意識することが重要です。
 

まとめ

冒頭でも書いたように営業も仕事なので辛い部分はあります。

そこをどうやって乗り越えていくのか。
どうやって楽しんでいくのか。

営業という仕事と向き合うことで、
自身の成長につなげていくことができます。

何を求められているのか。
何をすることが大切なのか。
なぜそれをやるのか。

自身でしっかり理解をして行動をしていくことがとても大切になります。

-business

Copyright© tsumugimono , 2019 All Rights Reserved.