日付に合わせて曜日を表示(スプレッドシートの使い方)

この記事は、「Googleスプレッドシート」で参照(入力)した日付に合わせて、自動で曜日を表示する方法を紹介しています。


スポンサーリンク

「数式」を使って日付の曜日を表示する方法

曜日を表示する数式はこちらになります。

=TEXT(日付,"ddd")

表示内容→月、火、水、など
※「日付」部分を入力する際には、DATE関数を使ってください。

=TEXT(日付,"dddd")

表示内容→月曜日、火曜日、水曜日、など
※「日付」部分を入力する際には、DATE関数を使ってください。

「日付」部分はセル参照で入力も可能です。

=TEXT(参照,"dddd")

日付と曜日を同じセル内に表示する場合にはこちらになります。

=TEXT(日付,"yyyy/mm/dd(ddd)")

表示内容→2021/12/31(金)、など
※「日付」部分を入力する際には、DATE関数を使ってください。

=TEXT(参照,"yyyy年mm月dd日(dddd)")

表示内容→2021年01月01日(金曜日)、など

要約すると、TEXT関数で表示形式部分に"ddd"もしくは"dddd"を入力すると、数値部分に入力された日付の曜日を表示します。
※表示形式への入力は半角のダブルクォーテーション(")で囲むのを忘れないようにご注意ください。



スポンサーリンク

「表示形式」を使って日付の曜日を表示する方法

メニューバーの表示形式→数字→表示形式の詳細設定→カスタム数値形式

と進んだ先で「ddd」もしくは「dddd」と入力すると、セルに入力されている日付の曜日を表示します。


日付とともに表示する場合には、「yyyy/m/d(ddd)」「yyyy年m月d日(dddd)」と入力することで表示されます。


スポンサーリンク

最後に

お読みいただきありがとうございます。
ぜひやってみてください。

こんな記事もあります


別ファイルとデータを連携「IMPORTRANGE関数」!(スプレッドシートの使い方)

スプレッドシートの優れた点として、クラウド上に保存されている別ファイルのデータの連携(読み込み)を行うことができます。 もちろん、クラウドに保存されているものになるので、「誰が」「どこで」「どの機械か ...

© 2021 tsumugimono