日付から関数で曜日を表示- スプレッドシートの使い方

この記事は、「Googleスプレッドシート」で参照(入力)した日付に合わせて、自動で曜日を表示する方法を紹介しています。

「数式」を使って日付の曜日を表示する方法

曜日を表示する数式はこちらになります。

=TEXT(日付,"ddd")

表示内容→月、火、水、など
※「日付」部分を入力する際には、DATE関数を使ってください。

=TEXT(日付,"dddd")

表示内容→月曜日、火曜日、水曜日、など
※「日付」部分を入力する際には、DATE関数を使ってください。

「日付」部分はセル参照で入力も可能です。

=TEXT(参照,"dddd")

日付と曜日を同じセル内に表示する場合にはこちらになります。

=TEXT(日付,"yyyy/mm/dd(ddd)")

表示内容→2021/12/31(金)、など
※「日付」部分を入力する際には、DATE関数を使ってください。

=TEXT(参照,"yyyy年mm月dd日(dddd)")

表示内容→2021年01月01日(金曜日)、など

要約すると、TEXT関数で表示形式部分に"ddd"もしくは"dddd"を入力すると、数値部分に入力された日付の曜日を表示します。
※表示形式への入力は半角のダブルクォーテーション(")で囲むのを忘れないようにご注意ください。

「表示形式」を使って日付の曜日を表示する方法

メニューバーの表示形式→数字→表示形式の詳細設定→カスタム数値形式

と進んだ先で「ddd」もしくは「dddd」と入力すると、セルに入力されている日付の曜日を表示します。

日付とともに表示する場合には、「yyyy/m/d(ddd)」「yyyy年m月d日(dddd)」と入力することで表示されます。

最後に

お読みいただきありがとうございます。
ぜひやってみてください。

こちらもCHECK

簡単に扱える「初心者向け関数 第1弾」- スプレッドシートの使い方

この記事は、スプレッドシートで初心者でも簡単に扱える(これが使えればなんとかなると思う)関数「SUM」「SUMIF」「AVERAGE」「AVERAGEIF」「COUNT」「COUNTA」「COUNTI ...

続きを見る

こちらもCHECK

簡単・便利「初心者向け関数 第2弾」- スプレッドシートの使い方

この記事は、スプレッドシートで初心者でも簡単で便利な(これが使えればなんとかなると思う)関数「MAX」「MAXIFS」「MIN」「MINIFS」「IF」について書いた記事になります。 以前に簡単な関数 ...

続きを見る