スプレッドシートで翻訳!?「GOOGLETRANSLATE」関数- スプレッドシートの使い方

この記事は、スプレッドシート上で「日本語→英語」「英語→日本語」などの翻訳を行う方法について書いた記事になります。

GOOGLETRANSLATEの使い方

使い方はとても簡単で、他の関数と同じようにセルに数式を入力するのみです。

関数の形式としては

=GOOGLETRANSLATE(テキスト,ソース言語,ターゲット言語)

このような形になっています。

各項目の詳細としては下記のような形になっております。

テキスト←翻訳をかけるテキスト(セル指定可能)

ソース言語←翻訳前の言語コード
ソース言語は言語コードで指定します(日本語は"ja"、英語は "en"、 "auto"と入力するとテキストから自動的に言語を検出)
※省略が可能で、デフォルトは "auto"となっています

ターゲット言語←翻訳後の言語コード
ターゲット言語は言語コードで指定します(日本語は"ja"、英語は "en")
※ソース言語を省略した際には、ターゲット言語も省略が必要で、デフォルトはシステムの言語となっています

日本語を英語に翻訳する場合には

=GOOGLETRANSLATE(B3,"ja","en")

こちらの数式になります。
※"ja"は日本語の言語コード、"en"は英語の言語コードになります。

数式のソース言語とターゲット言語を逆にして

=GOOGLETRANSLATE(テキスト,"en","ja")

と入力すると、英語を日本語に翻訳するようになります。

主な言語コード一覧

主要な言語のコードのみではございますが、下記にまとめました。
よろしければご活用ください。

日本語 → "ja"
英語 → "en"
スペイン語 → "es"
フランス語 → "fr"
イタリア語 → "it"
ドイツ語 → "de"
ラテン語 → "la"
ロシア語 → "ru"
中国語 → "zh"
韓国語 → "ko"

最後に

言語によって、翻訳の精度はマチマチです。
長い文章などを翻訳するのは難しいですが、単語や短い文章ならなんとか使えると思っています。
ぜひご利用してみてください。

こちらもCHECK

指定したデータの抽出「QUERY関数」- スプレッドシートの使い方

スプレッドシートでは、シートから条件に一致するデータのみを抜き出すことが可能です。今回は、とても便利で魅力的な関数「QUERY」についてご紹介いたします。 Contents「QUERY」関数とは「QU ...

続きを見る

こちらもCHECK

簡単・便利「初心者向け関数 第2弾」- スプレッドシートの使い方

この記事は、スプレッドシートで初心者でも簡単で便利な(これが使えればなんとかなると思う)関数「MAX」「MAXIFS」「MIN」「MINIFS」「IF」について書いた記事になります。 以前に簡単な関数 ...

続きを見る